ゼロメートル地帯に荒川と江戸川という大きな川が流れ込む江戸川区とその近隣の自治体。
2019年10月に各地に甚大な被害をもたらした台風19号では、荒川は氾濫危険水位に迫り、一歩手前のところで大規模水害を免れました。

江戸川区でも多くの方が自宅で、または避難所で不安な時間を過ごしました。

もし、あのとき荒川が氾濫していたら・・・・

大規模水害から自分と大切な人を守るためには

・情報を把握して、早めに判断する
・早めに危険域外に避難する

ことが大切になります。

一方で、小さなお子さんがいたり、介助が必要だったりすると避難は簡単ではありません。
「江戸川みんなの防災プロジェクト」の事務局メンバーも、前日に江戸川区から出て避難していた人、避難したくても、出産直前の家族がいたり、バリアフリーの避難先が見つからなかったり・・・と様々な葛藤がありました。

みんなで、助かるために、みんなで大規模水害からの避難を考えたいと思い、このマンガを作成しました。

作成にあたって

・映画『天気の子』(新海誠監督 )の監修も行った雲研究者で気象研究所研究官の荒木健太郎さん
・全国で講演を行うアウトドア防災ガイドでリスク対策.com名誉顧問のあんどうりすさん

に監修頂き、

・かわいらしい絵ながらも、正確に情報を伝えるイラストレーターのえむらやすこさん

にイラスト・デザインをして頂きました。

下の方にはA4サイズで2Pのマンガも掲載されています。是非ダウンロード&拡散頂ければ幸いです。

※マンガでは避難先として「実家やホテル」とありますが、新型コロナ感染のリスクが高まる現在、感染を広げる行為は可能な限り避ける必要があります。
一方で、荒川や江戸川が氾濫し、地域全体が浸水するような可能性が高まっており、かつ、感染症が流行したら何が最善の策なのか、厳しい判断をしなければなりません。
絶対正しい答えはありませんが、私たち自身正確な情報を収集をして判断するスキルが必要であると改めて考えさせられます。

どうする?水害から命を守る行動


どうする?水害から命を守る行動 マンガ 2020年3月発行

上記マンガは改変せず非営利目的であれば自由にお使いいただけます。防災レクチャーの資料としてお使いいただくことも自由です。印刷用にはダウンロードと書かれている部分の下記をクリックしてダウンロードしていただければきれいに印刷していただけます。

▼ファイルの種類▼ ▼ダウンロード▼
JPG版
印刷用PDFファイル 4.27 MB
Adobe Reader のダウンロード